トイレのトラブルの多くが「タンク内」で起こっている

昔流行った映画の中で「事件は現場で起きているんだ」というセリフのものがありました。その映画のマネをするわけではないのですが、トイレのトラブルの多くが「タンク内」で起こっているんです。トイレのタンクの中は水だけが貯まっているのではなく、トイレの水をうまく流すための仕掛けも取り付けられていますので、その部分がかなりの頻度で不具合を起こしやすい傾向にあります。

なぜこのタンク内でトラブルが起こりやすいのかというと、その仕掛けの部分が見た目以上に複雑な動きをすることから、ふとした拍子にその一部が動かなくなってしまい、水がうまく流れなくなることがあるからです。例えば、タンク内部にある浮き球と呼ばれるものがタンク内部の一部に引っかかってしまったとしましょう。そうすると、トイレのタンクから水が流れる部分に栓をすることができませんので、ずっと水が流れっぱなしになってしまいます。つまりタンク内部からの水漏れということですね。そして、この水漏れがあるとさらに水を供給しようとしますから、手洗い管からの水漏れも発生してしまいます。更に、ウォシュレットからの水漏れもタンクの異常から発生することがありますので、本当に多くのトラブルがトイレのタンク内を発端として起こっていることが理解できるでしょう。

このようなトイレのタンク内のトラブルを解消したり、予防したりするためには、基本的に定期的なメンテナンスを行っておく必要があります。ちょっとしたメンテナンスであれば個人でも行うことはできますが、複雑な部分に至るまでのメンテナンスは個人では行うことがほぼ不可能であると言えるでしょう。ですので、そのような特殊なメンテナンスを行う時は、水回りのトラブルを解決してくれるプロの方々に依頼してみることが大切です。トイレのタンク内まで意識することは難しいかもしれませんが、惰性を振り払って気をつけてみてはいかがでしょうか。