便座にヒビが入っているときはどうする

そうそう起きることではありませんが、もしトイレの便器に重い物などを落としてヒビが入ってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。ヒビの程度や大きさ、箇所にもよりますが、そのまま放置しておくと水漏れが発生する原因となってしまいます。水漏れが起きると、最終的に壁や床の腐敗にも繋がりかねませんから、便器のヒビはできるだけ早く対処するようにしなければなりません。

まず、小さいヒビであれば素人でもなんとかできる場合があります。床との接地面であったりするとまた別なので業者に依頼するべきですが、それ以外の箇所であれば接着剤やパテで修復しましょう。ヒビ割れを埋めたりコーティングしてしまえば、余程のことでない限り問題ありません。見た目的にちょっと…というのは残ってしまいますがね。

そして大きいヒビであった場合。これはもう便器の交換が適切でしょう。大きいヒビはそれだけで便器に対して大きな負荷をかけますから、ヒビどころかそこから思いっきり割れたり欠けたりしかねません。便器の交換は流石に素人ではできませんので、なるべく早めに業者へ連絡し、便器交換の準備を進めましょう。

便器は陶器でできていますから、ちょっとやそっとでは割れたり欠けたりしません。でも、絶対に割れないものというわけでもないのです。何かあった時にはそれに対して適切な処置をすることが重要になりますから、まずは原因と状態の特定、判別。それに伴った正しい対処をするようにしましょう。