シンクに細かな生ゴミを流すのはダメ?

洗い物などをしている時についついやってしまいがちなのが、シンクに細かな生ゴミを流してしまうという行為です。これをするのはダメなのかと聞かれると、「ダメです」と断言できます。というのも、シンクに入ってしまった生ゴミは様々なトラブルを起こしてしまうからです。

大きな生ゴミであれば普通に三角コーナーに取り付けているネットなどに入れて、後でゴミ箱へ放り込めばいいことですが、細かな生ゴミとなるとそうネットの中に入れるのが億劫になってしまいます。ただ、シンクの中にもネットを張っている場合、細かな生ゴミはそのネットに引っかかってくれますので、それほど大きな問題にはなりません。しかし、ネットを外してしまった状態で細かな生ゴミを流してしまうと、それが排水溝の一部で引っかかってしまいます。そうなると、引っかかってしまった生ゴミが徐々に腐敗してきてしまい、悪臭が発生してくることが考えられるのです。よくシンクが臭いというトラブルを耳にすることがあるかもしれませんが、その原因の多くはこの細かな生ゴミが原因となっています。

それに加えて、細かな生ゴミを頻繁に流しているとその生ゴミが蓄積していき、シンクの中の水の流れをせき止めてしまうことも考えられるでしょう。そうなってしまうと、シンクの水が排水溝へと行きませんから、確実に水詰まりを起こしてしまうことが予想できます。そのような水詰まりが起こってしまうと、個人の力だけではどうしようもできませんので、専門業者を呼ばなければならない状況になってしまうのです。

ターミナル案内 リフレッシュルーム・シャワールーム | 成田国際空港公式WEBサイト

以上の点から、シンクに細かな生ゴミを流すのは絶対にダメであるということが理解できたのではないでしょうか。現実問題、シンクに生ゴミを完全に流さないというのは難しいことですが、できるだけ流す量を少なくする努力をしなければ、いつの日か思わぬトラブルに見舞われて、大変なことになってしまいますので気をつけてください。