掃除を怠っているシンクで水詰まりが起きやすい理由

キッチンのシンク掃除を怠っている家庭の場合、シンクで水つまりが起こりやすい傾向にあります。その理由として挙げられるのが、シンクに様々なものが詰まりやすいことでしょう。ではその様々なものとは一体何なのかというと、まさしく食材や食べ終わった料理の残飯などです。これらが原因となって、著しいシンクの水つまりを作り出してしまうことがあります。

どれだけ気をつけて料理などをしたとしても、絶対に残飯はでてきますし、食べ残しをしなくても微々たる残飯は発生してくるものです。それゆえに、その残飯はどんどんとシンクの内側や排水溝のトラップ菅などに蓄積していきます。このような残飯が出てきた時点でシンク全体を掃除していれば、残飯などの蓄積は防ぐことができるのですが、それを怠ってしまうことによって水詰まりが起こる可能性をかなり高くしているのです。

水道料金節約術 | 相模原水道修理救急センター

実際のところ、毎日のようにシンクの掃除をしている方であっても、その行い方が不十分であればシンクの水詰まりを引き起こしてしまう可能性はあります。それは見逃してしまっている残飯などがシンク内部に溜まっていき、自分が知らない間に排水溝の水の流れをせきとめてしまうからなんですね。そのため、掃除を怠っている場合は水詰まりが起こりやすいというのも重々理解できるのではないかと思います。

シンクを使用する頻度は人にもよるかもしれませんが、自炊をする方であれば毎日使用するものですから、そこが水詰まりしてしまうととても大変なことになってしまいます。料理も作れなければ洗い物もできないですからね。それに、毎日シンクを使用する方はそれだけ残飯をシンクに流しているわけですから、それだけ水詰まりを起こす可能性もかなり高いと言えるでしょう。そのため、シンクの利用頻度が高い方ほどその掃除を怠らないようにして、安心してシンクが使用できるようにしたいものですね。