蛇口のパッキンの劣化は意外と早い

なぜ蛇口をひねると水が出たり止まったりするのか、それは蛇口の中にパッキンと呼ばれる部品が取り付けられており、その部品が水の流れを止めてくれることによってこの蛇口から水を効率よく使用できる環境を作り出してくれています。パッキンは基本的にゴムなどの伸縮性の良い素材が使われておりますので、柔軟性もあり非常に長持ちしそうなイメージもあるものです。しかし、現実的な視点で見るとこのパッキンの劣化は意外と早く、数年程度で蛇口からの水漏れが起こる可能性は否定できません。

なぜパッキンの劣化は早いのかというと、やはり水の流れを止めるというかなり重要な働きをしている部分だからです。水の流れは私たちが思っている以上に配管だけではなくパッキンにもダメージを与えます。水道を使用するたびに水流にパッキンは晒され続けますから、徐々にパッキンは朽ち果てていくのです。「じゃあ水道を使用するたびにパッキンが劣化するなら、できるだけそれを使用しなければいいじゃないか。」と思われるかもしれませんが、現実的に考えて水道の使用を抑制することは生活に支障をきたしてしまうこと、そして仮に全く水道を使わなくなってしまうと、今度は滞留した水によってパッキンが腐食するというトラブルが起こります。そのため、どのような使い方をしたとしても、パッキンは劣化するものであるという考えを持っておくべきなのです。

風呂のお湯が出ない | 三鷹 水漏れトラブル修理110番

一般的な水道の使用頻度であれば、パッキンの交換をしなければならない時期として10年がおおよその目安であると言われていますが、キッチンやお風呂など頻繁に水道を使用されているような場所ならば、それよりも早い段階でパッキンは劣化すると考えられるでしょう。そのようなことからも、パッキンはいつか交換しなければならない消耗品として捉え、パッキンの使用年数や水漏れなどが起こっていないか確認し、適切なタイミングで交換するようにしましょう。